About us

About us

レバトロン・ホールディングスは、シリコンバレーの中心に位置する最先端技術開発チームが、
画像技術革新へかける熱意より設立しました。
3D動画関連技術、 バーチャルリアリティレンダリング技術、バーチャルリアリティ表示装置、
動画通信システム、ストレージサーバー技術、スーパーコンピュータ設計に関する
テクニカルソリューションをお客様へおとどけします。
レバトロン・ホールディングスの技術開発は、オリジナルハードウェア製品設計から
FPGA基板設計、下層機能ソフトウェア開発等、システム設計までカバーしております。

設立の主旨

福島原発事故の際、日本は、高放射線下で起動する耐放射線設計技術・
大容量データ高速処理技術において米国よりも後れを取っていた為に、
復旧工事に投入された機材の一部は放射線によるICチップ故障、映像を無線伝送できない等の
課題を抱え、危険地帯に人員投入を行なわざるを得ませんでした。
通信技術の向上、データ伝送技術の向上、耐放射線技術の向上がなければ、
地震大国であり原発にエネルギーを頼っている日本は、
より一層の課題が待ち受けていると予感しました。
そこで、弊社は、耐放射線技術、大容量データ高速演算処理技術を持つ
シリコンバレーの技術チームとともに、震災後から日本で活動を始め、
医療用、車両用、重機操作用、航空及び船舶用の映像伝送実験を重ね、
ハードウェアのトータルソリューションプロバイダーとして活動してきました

今後、動画処理の分野において、

  • リアルタイム2D3D変換
  • 災害用リアルタイム無線カメラ
  • リアルタイムビデオオーバーレイ

通信分野では

  • 低遅延ハンドオーバー
  • 仮想MIMOアレイ技術
  • 大容量通信機能搭載小型衛星

コンピュータ分野では

  • 5Gを用いた無線ネットワークサーバー等のソリューション

を投入予定です。
早期製品化を目指し、潜在的な災害・顕在化した災害に備えられるよう、
今後も企業努力を重ねてまいります。
Revatron マネージング・ディレクター

アクセス

【公共交通機関】
東京メトロ日比谷線東銀座駅A1出口より徒歩7分。
東京メトロ銀座線銀座駅A3出口より徒歩9分。
都営大江戸線築地市場駅A3出口より徒歩5分。
JR新橋駅より徒歩9分。

【車】
首都高 汐留出口から約5分
東京高速道路 東銀座出口から約5分
※駐車場は、銀座地下駐車場(銀座7-17-12)をご利用いただけると幸いです。

会社情報

会社名

Revatron Holdings

住所

東京都中央区銀座八丁目17番5号 アイオス銀座五階

電話番号

03-5859-0155

メールアドレス

info@revatron-hd.com

アクセスマップ

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る