Technology

Vatroni 超低遅延動画伝送ソリューション

Revatronの超低遅延動画伝送システムでは、フルHD動画を10ミリ秒以下での動画伝送が可能です。
Revatronの超低遅延動画伝送システムでは、フルHD動画を10ミリ秒以下での動画伝送が可能です。
(※1、カメラとモニタ遅延除く。※2、Intelとの実証実験より。※3、ルータ遅延は片側2ミリ秒。)
フルHDから8K4Kまで超低遅延伝送が可能です。(※フルHD以下も対応)

リアルタイム2D3D変換

今まで技術上難しいと言われていたカメラで撮影した動画のリアルタイム2D3D変換も
可能になりました。複数台のカメラから撮影した映像を
Vatroni3Dシステムに入力することにより、カメラの視差から3Dデプスマップを
リアルタイムに計算し、イメージとの合成を行ないます。フルHDから4Kまで対応。

超低遅延ハンドオーバーシステム

高速移動体をターゲットにした超低遅延ハンドオーバーシステム
通常、基地局のハンドオーバーは350ミリ秒から500ミリ秒程度の遅延が発生し、
他社高速ハンドオーバーシステムで50ミリ秒程度の遅延が発生します。
弊社では高速移動体をターゲットにした超低遅延ハンドオーバーシステムを開発し、
本年度実験を行う予定です。

ローカル輻輳制御システム

ローカル輻輳制御システムの仕組み
これまでパケットが届かなかった場合は再送要求をかけて再送を行なう為、
輻輳崩壊(バースト)と呼ばれる再送要求と再送パケットで回線が混み合うという現象が発生し、
パケット伝送を保証しようとするプロトコルの機能により
回線の利用効率が下がるというデメリットがありました。
弊社ではローカルのノードにパケットを自律回復させる
FEC(フォワード・エラー・コレクション)を組込、
パケットの伝送保証に伴う輻輳崩壊問題を一挙に解決できます。

人工知能

人工知能は高速演算に特徴があります
弊社の人工知能は高速演算に特徴があります。データベース構築もダイナミックに再構築を
掛け続けるデータバンク型となっております。

大容量データ高速処理チップ設計技術

  • レバトロンの大容量データ高速処理チップ設計技術は、一般的なプロセッサ設計と異なり、
    パイプラインを多数用いて並列処理に最適化したスーパーコンピュータ仕様の
    アプリケーション特定型プロセッサ設計となります。
  • 基本技術を処理の重たい動画技術に転用したのが、「Vatroni」と呼ばれる
    レバトロンのコーデックチップとなります。
  • レバトロンの高度な並行処理設計技術は、パフォーマンス上のスーパーリニア設計を
    基本としています。
  • 一般的なプロセッサ設計と異なり、パイプラインの数が増えるごとに、
    処理は線形に向上するのが特徴です。
  • パイプライン上でデータフローチャンネル処理を行なっています。

耐放射線技術

耐放射線技術
耐放射線技術ソフトエラーとハードエラー
放射線によるコンピュータエラーはソフトエラーとハードエラーに大きく二分され、
その段階に寄って下図左から右に向かってダメージが大きくなります。
宇宙航空の分野では耐放射線技術は必要とされている技術で、
そのレベルに寄って応じた設計を行なう必要があります。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る